はちみつで美しく

最近注目のマヌカハニーとは - はちみつで美しく

はちみつで美しく > 最近注目のマヌカハニーとは

最近注目のマヌカハニーとは

はちみつ愛好家は多いと思いますが、そんな中でもマヌカハニーを使ったことのある人は少ないのではないでしょうか。
一昔前はほとんど知られていなかったのですが、ここ数年は有名人や美容スペシャリストの本などで紹介されて、一躍、有名になってきました。
とはいえ、普通のはちみつとどう違うのか、と購入を躊躇う方がいるのは当然です。
私もそうでした。
「今使っているはちみつで十分!」という感じでしたが、やはり気になったので、思い切って買い求めました。
結論は……はちみつとマヌカハニーはまったく違うということ。
成分や効能も気になりますが、マヌカハニーの味がどうか、一番気にかかるところでした。

見た目は濃厚なキャラメルのようで、食べてみるとちょっとクセのある感じですが、薬っぽいというよりハーブのような風味があって気に入りました。
その名前の通り、マヌカハニーはニュージーランドで自生しているマヌカの花蜜を集めたはちみつです。
古くから先住民がケガや病気の治療などに用いてきた薬木ですが、復活の木や癒しの木とも呼ばれています。

ニュージーランドで年間1700トンが生産されているマヌカハニーですが、世界中で販売されているマヌカハニーと称するはちみつは何と10000トンもあるとか。
そう、ニュージーランド産でない偽物も多いので、選ぶときは注意が必要です。
本物のマヌカハニーは殺菌・抗菌効果の高さが魅力ですがそれなりの値段がするのに対し、比較的安いものにはブレンド物が多く活性強度が低いそうです。
マヌカハニーの効果を象徴するのがメチルグリオキサール(MGO)だといわれていますが、その含有量が600mg以上含まれるのは生産量の僅か1%程度だそうです。

本当に安心できるマヌカハニーを購入するため、私はネットや本などで色々と調べてみました。
そして辿り着いたのが、株式会社TCN「ストロングマヌカハニー」という商品です。
特徴は日本人の養蜂家が現地ニュージーランドで生産した、業界最高水準のマヌカハニーであることです。
もう一つ購入の決め手となったのは、はちみつの抗菌力の目安となるUMFのレベルが多様で、高水準のものも手に入ることでした。
ニュージーランドでもマヌカハニーはUMF25+までしか売っていませんが、「ストロングマヌカハニー」はUMF27+からUMF33+までバリエーションが揃っていて、自分の体調や目的に合わせて選べるのがうれしかったです。

これはあくまでも私個人の感想であり、その他、調べてみるといろんなメーカーから、それぞれ特色のあるマヌカハニーが販売されていますので、じっくり見比べて自分に合ったものを選ぶようにしてください。
食べてよし、スキンケアによし、の優れもの、マヌカハニーは、私のヘルシーライフに欠かせないパートナーとなっています。

top